ぜひIODDは#codeacrossでもポストしましょう!

Code for Americaにインターン中の松本(Code for Japan/Nanto)です。

日本のCode for Brigadeのみなさん、IODD2015当日は#oddj15、#opendatadayだけでなく、#codeacrossのハッシュタグを付けて世界のCode for Brigadeとコネクトしませんか?

詳細は以下スライドをご参照ください。

CodeAcrossはCode for Americaが主催する、Code for Americaの活動を促進する、そしてCode for Brigadeの活動を盛り上げ各Brigadeのつながりを強くすることを目的とした3日間のイベントです。(IODDと平行開催。3日間のイベントですが、1日だけのBrigadeもあれば3日間イベントをするBrigadeもあります。)

参加は簡単。

IODD開催日に#codeacrossのハッシュタグを付けてSNS(Facebookやtwitterなど)にイベントの様子をつぶやいていただけばOK! 上記の通り「◯◯したからCodeAcrossに参加を認める」ということはなく、同じ期間にCode for Brigadeのコミュニティが活動していることを共有できることが重要なのではないかと考えております。(IODDの目的が「オープンデータの普及と啓蒙」であればCodeAcrossは「コミュニティのつながりの普及と再発見」でしょうか。)

CodeAcrossの参加国は、米国だけでなく、日本、韓国、ブラジル、クロアチア、パキスタンなどのCode for AllのBrigadeも参加します。(日本はCode for All最多の6つのBrigadeが事前申込)

事前申込はなくとも各Brigadeでのイベント時には#codeacrossしていただくと、CodeAcross後に松本がまとめCode for AmericaのWebサイトでイベントの様子が紹介されます。みなさんのイベントが#codeacrossで世界のBirgadeとイベントの様子が共有されます。

※事前登録が必要なのは、Code for AmericaがCodeAcross時にBrigadeに向けてイベントを行いやすいように用意したUS CITY OPEN DATA CENSUSのツールを使う場合になります。(実はこの登録のハンドリングを私が行っています)ただ、日本の場合はOKFJがマネージドしているJAPAN CITY OPEN DATA CENSUSがありますので、もし登録・自分のまちのオープンデータの推進具合をチェックしてみたい方は、OKFJまでご連絡をお願いします。

JAPAN CITY OPEN DATA CENSUS

http://jp-city.census.okfn.org/

サンフランシスコより、素敵なDAYになることを心よりお祈りしております。

Code for America Brigade Intern 松本

Share This: