IODD2015@青森「データ発掘・活用キャンプ」 

青森会場では官民のWebサイトから二次利用したいデータの発掘や分析などを行う「データ発掘・活用キャンプ」をメインテーマに開催しました。

メイン会場である青森大学と八戸などのサテライト会場(3個所)をGoogle+Hangoutsでつなぎ、企業や公共団体、学生などから過去最高となる56名の参加がありました。

各会場では学生と社会人との混成チームや、企業の社員達による創発ミーティングなど、様々な形態の10のグループが編成され、各グループでは自由なテーマ設定でアイディソンやハッソン、デザインソンなどが和気あいあいと行われました。
アイディアソンからは、県内外の様々なWebサイトから活用できそうな有効データの発掘が行われました。

【参加企業・団体】

・マルマンコンピュータサービス
・青森共同計算センタ
・インフォコム
・ページワン
・富士通システムズ・イースト (サテライト参加)
・ITcowork           (サテライト参加)
・サンコンピュータ      (サテライト参加)
・はこだて未来大学
・青森大学 ソフトウェア情報学部
・ 同   経済学部
・ 同   社会学部
・青森西高等学校
・青森県情報システム課
・ 同   新産業創造課
・青森県産業技術センター工業総合研究所
・NPO地域情報化モデル研究会

※:個人参加者についてはお名前を伏せています。

【テーマ】

◯アイディアソン
・除排雪情報発信のアイディアソン
・りんごのQRコード活用アイディアソン
・観光データ活用アイディアソン
・青森市人口データ分析評価
・健康促進データ活用アイディアソン
・短命県返上アイディアソン
・八戸の学生と企業との就活マッチングサイトアイディアソン
◯ハンズオン
・QGIS活用ハンズオン
◯ハッカソン
・あおもりデータカタログの改良ハッカソン
◯デザインソン
・青森県のオープンデータマークのデザインソン

各グループの成果発表内容は近日中に公開させていただく予定です。
本日参加された青森の皆さま。お疲れ様でした!
引き続き青森を盛り上げてきましょう!

Share This: